講座案内

2019年度前期 講習会

図書館では今年度も、さまざまな講習会を予定しています。知って損はありません。ぜひご参加ください!

図書館ツアー

図書館全体をご案内します。これから本学の図書館を利用しようという方におすすめです。 もちろん在学生や、以前からいらっしゃる教職員の方々も、改めて図書館にどんな設備が あるかを知る機会としてぜひお越しください。また、オプションでOPACによる本の検索と 館内での本の探し方を10分で簡単に紹介します。

日程

※ オプションをつけると12:35までになります。

集合場所および申込方法は共通のため、ページ下部にあります。

レポート・論文資料収集法

レポートや論文を書くためには、資料収集が重要です。図書館では様々なデータベースが利用可能で、必要な資料の種類に応じて使い分けることで、より質の高い情報が集められます。 本講座では、新聞や辞書等のデータベースを紹介する"データベース検索編"と、論文の入手方法を紹介する"論文検索編"の2種類の講座を目的に応じて受講できます。両方受ければ 様々な資料の収集に強くなれますし、時間が無ければより必要とするものだけ受講することも可能です。 Googleで大抵の情報は集められる時代だからこそ、信頼性の高い情報源から質の高い情報を収集する方法を身に着けませんか? ※ 本講座は主に国内(日本語文献の収集法を紹介します。

レポート・論文資料収集法【データベース検索編】

資料収集に新聞や辞書、百科事典などを使う人必見です! 図書館では、これらをWeb上で検索できるデータベースを利用できます。 どうやって検索するのか、どんなことが検索できるのか、をレクチャーします!

説明するデータベースは下記のとおりです。

新聞データベース
聞蔵(朝日新聞記事検索)、日本教育新聞の使い方をご紹介。新聞を使った授業案作成などにも役立ちます!
ジャパンナレッジ
百科事典や辞典など50以上のコンテンツを検索・閲覧できる、とても便利なデータベースです。毎日のちょっとした息抜きにも、おもしろい情報がいっぱいです!
国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できます。図書・雑誌にはじまり、博士論文や歴史的音源などさまざまな資料があります。一部の資料は本学の特定のPCからでも閲覧できます!

期間中は聞蔵IIおよびジャパンナレッジを、通常1アクセス (大学内で同時に1人しか利用できない)のところを、最大31アクセス(31人同時に利用できる)に拡大します。この機会に是非使ってみましょう!

日程

集合場所および申込方法は共通のため、ページ下部にあります。

アクセス数拡大サービス

レポート・論文資料収集法【国内論文検索編】

非常に広範囲な論文を探すのに有用なEDSというデータベースを中心に、CiNii、J-STAGEなど無料で論文が入手可能なデータベースについてもご紹介します。 Web上でそのまま論文を読む方法やm図書館内の雑誌の探し方、他大学の資料の取り寄せ方など、実際に論文を探す流れもお教えします。

日程

集合場所および申込方法は共通のため、ページ下部にあります。

海外文献検索

海外の文献をまとめて検索できるEDSというサービスを中心に、本学で利用可能なEBSCOhost、ScienceDirectなどのデータベースの基本的な使い方もご紹介します。

日程

集合場所および申込方法は共通のため、ページ下部にあります。

集合場所

附属図書館カウンター

申込方法

 氏名・専攻・日時を明記の上、下記申込先までご連絡ください。  当日参加の場合は開始時間の5分前にカウンターにお申し込みください。

  • 申込先: library[at]kyokyo-u.ac.jp (附属図書館)([at]を@に置き換えてください。)

オーダーメイド講習会(教員限定)

研究室に所属する学生を対象とした、教員限定のサービスです。 ご自身が担当されている学生に、

  • もっと幅広い知識を身につけてもらいたい。
  • もっとたくさんの学術論文を読んでほしい。
  • 研究分野に合わせた情報検索ツールを教えたい。

といったご要望がありましたら、一度ご相談ください。

詳細はこちら