ざっさくプラスとは

ざっさくプラスとは、皓星社刊行の『明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引集成』(全120巻)を基に作成された雑誌記事索引集成データベースです。 日本に雑誌というメディアが出現した明治初期から現在まで、総合雑誌など全国誌から地方で発行された雑誌(旧植民地などで発行された日本語の雑誌記事も含む)が検索できます。 また、CiNiiや国立国会図書館OPAC(NDL-OPAC)とも連携していて、目的の資料の所蔵先などが簡単に調べられます。

※ CiNii AriticlesやNDLの雑誌記事索引は主に戦後の論文データベースです。ざっさくプラスは、戦前の記事や、NDLの採録基準から漏れがちな地方誌・郷土雑誌などの記事を調べるのに最適です。

ご利用方法

トライアル期間

2015年6月1日(月) ~ 6月30日(火) 7月31日(金) [延長しました!]

ログイン

附属図書館トップもしくはこちらの [ざっさくプラス] より、ざっさくプラスのウェブページにアクセスする。
※ 学内限定のサービスです。学内LANに接続されたPC (IPC端末等) からご利用ください。

検索

検索条件等を入力してご利用ください。
※ 同時アクセスは、大学全体で10台までです。利用終了後は必ずログアウトしてください。

講習会のご案内

皓星社より講師の方をお招きして、講習会を開催いたします。トライアル中のサービスではありますが、ざっさくプラスがどんなものであるかを知る良い機会ですので、是非ご参加ください。
  • 日時:6月8日(月) 16:10~17:00
  • 場所:京都教育大学附属図書館 北館2階 研修セミナー室1
※ 講習会当日は同時アクセス数が増加して、実際に使用しながらの講習を受けられる予定です。