イベント案内

博物館学概論企画展「コ レ ク シ ョ ン × コ レ ク シ ョ ン vol.1」

「あなたの所有物の一部に文脈をあたえてひとつのコレクションをつくってください」

突然そんなことを言われても、わたしたちのような平凡な人間が所有しているコレクションなど、どれほど希少で高価だとしてもたかがしれています。それらは、個人的には大切でかけがえのないものかもしれませんが、はたから見ればありふれた無価値なものたちの集合に過ぎません。

けれども、です。それらにひとつの文脈をあたえて提示するとき、つまらない事物たちにも仮染めの歴史や意味が見いだされ、散らばっていたものたちがひとまとまりの連続体に見えてくるのではないか。その閃きに賭けたのが本展です。

博物館とは、その多くが王侯貴族の私的コレクションをもとにかたちづくられた公的コレクションです。そこでは、個々バラバラな事物たちが一定の文脈に沿って蒐集され、編集され、展示されてきました。

事物たちに文脈をあたえて組織し、分類し、展示するとはどういうことなのか? 本企画展の意図は、博物館がなしているこの一連の活動を具体的に想像し、体験することにあります。

脈絡なく所有している各自の所持物の一部に光を当て、他の人々に興味をもってもらえるような物語にのせてみる、つまりは準公共性をもたせてみせること。こうして準公共化した私的コレクションの数々を、ここに博物館学概論の公的コレクションとして展示する。それが本企画展「コレクション×コレクション」です。

とるにたらないのに切実な、どうでもいいのにかけがえのない、まるでありふれたわたしたちの存在そのもののような、ひとつひとつの展示に目を向けていただけましたら嬉しく思います。

美術科教員 山内 朋樹

日時・場所

会期:
2016年7月25日(月)~7月29日(金) 9:00-21:00 (最終日16:20終了)
場所:
附属図書館 北館1階 企画展示室