教科書展 ご案内

第20回 教科書展 中等教育用教科書 (保健体育編)

平成8年開学120周年記念事業の一環として始まった本学教科書展は、今年で20年目を迎えます。 すでに初等教育全教科(国語、社会、理科、算数、図画工作・書写、音楽、体育・家庭)、 初等教育用教科書修身編、知的障害養護学校用教科書、暫定教科書、中等教育教科(国語、英語、社会、数学、理科、家庭、技術、音楽、美術)を終え、 今年は中等教育の最後として、中学校・高等学校保健体育の教科書展を行います。

戦前の体育教育というと軍事教練的な色彩がイメージされますが、戦後は新生日本を強く打ち出したものに変わります。 またその戦後教育も、さまざまなステップを経て、現在のような教育になっています。

平成18年に改定された教育基本法では「幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。」とうたわれ、知・徳・体のバランスが重視されています。 また現行の中学校保健体育科学習指導要領では保健体育科の目標が「心と体を一体としてとらえ、運動や健康・安全についての理解と運動の合理的な実践を通して、 生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育てるとともに健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かな生活を営む態度を育てる。」とされています。

このように、体育教育が生涯を通した健康管理やスポーツに発展している今日ですが、今回の教科書展ではこのような現行の教育に至る戦後の保健体育教育の変遷をご覧いただけるかと思います。

この企画展にあたっては本学体育学科教員のみなさんに解説や執筆などご尽力いただきました。ここに厚くお礼申しあげます。

日時・場所

開催日程:
2015年11月13日(金)~12月25日(金) [日・祝休館]
※ ただし、11月15日(日) は「藤陵祭」のため教科書展のみ開催いたします。11月28日(土)、12月5日(土)は入試のため休館です。
開催場所:
京都教育大学附属図書館 北館1階 企画展示室