国立国会図書館デジタル化資料送信サービスについて

国立国会図書館による「デジタル化資料送信サービス」がご利用いただけます。 「デジタル化資料送信サービス」とは、国立国会図書館でデジタル化した図書や雑誌のうち、 絶版などで現在手に入らないものについて、国立国会図書館の承認を受けた全国各地の公共図書館や大学図書館などで見られるようになるサービスです。 本学での利用条件等は下記の通りです。

利用できる場所
附属図書館1F 渡り廊下OPAC端末 カウンター寄りの1台
利用できる方
本学の学生(京カレッジ生を除く)、教職員(卒業生、一般利用者の方はご利用いただけません)
利用できる資料
国立国会図書館デジタルコレクションのうち「国立国会図書館/図書館送信限定」表示のある資料が対象です。検索する際に「図書館送信資料」にチェックを入れて検索することができます。

国立国会図書館のウェブサイトにて一覧を公開しています。

閲覧方法
利用にあたっては、最初に図書館職員によるログイン操作が必要です。ログインは図書館職員しかできませんので、まずカウンターに利用を申し込んでください。

(注意)

  • デジタル画像のダウンロードや保存、カメラ等での撮影はできません。
  • 利用中は席を離れないでください (一旦離席する場合もカウンターにご連絡ください。)
  • 利用が終わったら、必ずカウンターの職員までご連絡ください。
  • 利用終了の連絡を怠った場合には、今後の利用を制限する場合があります。

[職員用]ログイン

印刷(複写)について
閲覧可能な資料について、著作権の範囲内で複写ができます。複写を希望される場合は以下の点にご注意ください。
  • 当該資料が図書館に所蔵されている場合はそちらをご利用ください。
  • 複写は職員が行いますので、カウンターにて所定の申込書に複写希望資料の情報やコマ番号をご記入ください。
  • 複写料金:1コマあたり20円 (校費をご希望の場合はその旨をカウンターにお伝えください。)
  • 受け渡しは原則として翌日以降となります。
利用マニュアル
こちらから利用マニュアルをダウンロードしてください。[pdf, 727KB]