OPAC(オパック)とは「Online Public Access Catalogue」の略で、 コンピュータによる蔵書目録のことです。 本学のOPACはインターネットを通じて、研究室や自宅から24時間検索が可能です。 本学の所蔵資料を探すときは、まずOPACで検索してください。

  • キーワード等をいれて検索をクリックすると、検索できます。入力する際は、1単語ごとにスペースを空けて入力しましょう。日本語は読み仮名での検索もできます(カタカナで入力)。
    OPAC簡易検索画面の画像です。
  • 検索結果は20件ずつ表示されます。また、検索した単語はハイライト表示されます(検索語の表記と同様の単語のみ)。 一覧から、学内の所蔵を確認できます。タイトルや"続きをみる(所蔵○件)"をクリックすると、資料に関する詳細な情報も確認できます。
    検索結果の一覧表示画面
  • 詳細情報のページでは、上部に本学の所蔵一覧、下部に資料の情報が記載されています。
    所蔵詳細画面
  • 所蔵の見方は以下のとおりです。
    所蔵データの拡大表示
    ① 配置場所 [ 参考: 配置場所一覧 ]
    館内のどこに置いてあるのかが記載されています。 「研究室配置」資料は各教員研究室にあります。カウンターに問い合わせてください。
    ② 請求記号 [ 参考: 図書の並び方 ]
    配置場所内のどの位置に置いてあるのかが記載されています。 請求記号は 分類番号、著者記号、年次・巻号次等から構成されます。
    ③ 利用状況 [ 参考: 予約 ]
    貸出中か、予約が入っているか、などの情報が記載されています。 この場合、開架南館1階にある図書は貸出中で、返却期限日は「2014年4月11日」です。 【予約】ボタンをクリックすると、Webサービスで予約することもできます。

図書の並び方

図書の背表紙には、必ず請求記号を表示したラベルが付いています。 請求記号(背ラベル)は、それぞれ次のような記号の組み合わせでできています。

背ラベル
開 架 配置場所 図書によってはないこともあります
374.97 分類番号 本の内容を日本十進分類法によって表しています
SH 88 著者記号 著者の名前から作成しています。アルファベット+数字
1 年次、巻次等 図書によっては空欄のこともあります。

図書は原則として、請求記号(背ラベル)の順番に左から右へ並んでいます。

  • それぞれの配置エリア毎に
  • 背ラベル2段目の分類番号の順に
  • 同じ分類番号の中では3段目の著者記号の順に

というように同一テーマで同一著者の本が並ぶようになっています。

新書・文庫は、それぞれのシリーズ順に並んでいます。(新潮文庫のみ著者名順)

並び方の例
分類番号 140.7 140.8 140.8 140.8 140.82 141
著者記号 Z 5 A 18 MA 2 MA 18 KU 32 B 18
雑誌所蔵詳細
【雑誌所蔵一覧
① 配置場所 [ 参考: 配置場所一覧 ]
館内のどこに置いてあるのかが記載されています。 「研究室配置」資料は各教員研究室にあります。カウンターに問い合わせてください。
② 巻号
どの巻号を所蔵しているか。 巻号欄で数字が欠けているものは欠号(所蔵していない巻号)です。 この雑誌の場合、3巻10号以前・5巻9号・10巻・11巻は欠号です。
③ 通し年月次
どの年代を所蔵しているか。 この場合1963年~2013年発行分を所蔵していますが、必ず「巻号」も確認してください。

雑誌の並び方

和雑誌
タイトルの50音順
洋雑誌
タイトルのアルファベット順
紀要
発行機関名のアルファベット順(ヨミをヘボン式ローマ字に変換)
紀要とは、 大学や研究所などが発行する学術雑誌のことです。